介護業界に入る際、面接は避けて通れない道である。
面接の場面では色々な事が聞かれる。
たとえば志望動機・自己PRなどだ。
介護の現場で働く人は色々な経歴や資格を持った人がいるため、その多様な経験を持つ人と一緒に働ける人材であるとアピールする必要がある。

まず自分の強みなどを伝える場合、「将来性がある」といったあいまいな表現では伝わりにくい。
そこで自分がその事業所で働いた場合のメリットや、なぜ介護の場面で働きたいのか、応募した事業所のどんな面に他の事業者と違う面を感じたのかといった事柄について具体的に整理してまとめておく。
例えば、自分の日常生活や職場などでの経験や事例を含めた内容に加え、そう思った理由を必ず加えるようにする。
もし、転職活動をしている人の中で前職も介護業界にいた場合には、その経験を交える。
未経験の場合は、他の仕事で得た経験や知識・人生経験などで表現すると良い。

それから意外に見落としがちなのが、採用担当者・面接担当者の視点を意識することである。
自分がどう思うかということも大切だが、「この人と一緒に働きたい」と思ってもらえるかも重要である。
「ハキハキとしている」「ポジティブ」「人とうまくやっていける」といった職場で他のスタッフとも円滑に仕事ができるかどうかも見られている。
したがって、謙遜などは必要なく、自分のポジティブだと思ったことは自信を持って主張をすることが望ましいといえる。
このように、面接を含め介護職への転職のコツはたくさんあるので事前に調べておくと良いだろう。

 © 2018 - ジョブチェンジ!成功への道!